FC2ブログ
TOP > ミシュラン すきやばし次郎
 ← イイ夫婦 | TOP | カイトウイング 購入

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


ミシュラン すきやばし次郎 

2007年11月23日 ()
すきやばし次郎 本店
朝鮮日報小野さんは日本政府の「現代の名工」に選ばれた人物。2003年には小野さんについて書かれた『至福のすし‐「すきやばし次郎」の職人芸術』という本が発行された。また、その店はインターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙が企画した「世界の ...(続きを読む)


すきやばし次郎をこんな風に?
三つ星店銀座小十(日本料理)鮨水谷(すし)ロオジエ(仏料理)すきやばし次郎(すし)日本橋人形町濱田家(日本料理)元麻布かんだ(日本料理)白金台カンテサンス(仏料理)三田ジョエル・ロブション(仏料理)【関連記事...炭火串焼き人形町荻:. ...(続きを読む)


ミシュランガイド東京2008
神田カンテサンス小十ジョエル・ロブションすきやばし 次郎鮨 水谷濱田屋ロオジエ. ■二ツ星(25軒):遠回りしても訪れる価値がある. すばらしい料理. 石かわ一文字臼杵ふぐ山田屋えさきエメ・ヴィベール菊の井キュイジーヌ[s] ミッシェル トロワグロ ...(続きを読む)



tokyo三つ星8店…ミシュラン東京版
旅ゅーん!
都内の調査は欧州と日本の調査員5人が1年半かけて、1500店の候補から選んだという。 今回“和食”で世界初の三つ星評価を得たすし店「すきやばし次郎」を営む小野二郎さんは「これまでの精進が評価されたことは光栄だが、実感はまだわかない。日本食の伝統が世界に広まるの ...(続きを読む)


「ミシュランガイド東京2008」発表、掲載店の星の合計は世界最多に
nikkei BPnet
3ツ星を獲得した8店は「カンテサンス」「ジョエル・ロブション」「ロオジエ」(以上フランス料理店)、「神田」「小十」「濱田家」(以上日本料理店)、「すきやばし 次郎」「鮨 水谷」(以上寿司店)と、和食店が5店を占めた。 詳しくは、【日経レストラン】の記事全文を ...(続きを読む)


お気に入りの店、ミシュラン星なし「良かった」
J-CASTニュース
ミシュランの選択もすばらしい」と、「すきやばし次郎」をあげて「地下鉄わきの小さな店まで網羅した」と。 このガイドは、ヨーロッパ人3人、日本人2人の覆面調査員が1年をかけて調べた結果だという。味だけではなく、サービス全般、日が変わってもレベルを保っているか ...(続きを読む)



都心で美味しいお寿司屋さんを教えて下さい。
都心で美味しいお寿司屋さんを教えて下さい。銀座久兵衛、すきやばし次郎などの有名店以外で会社帰りに気軽に入れ、値段が高いから美味しいというのでもなく、単純に“これ、美味しい!”と思えるようなお寿司屋さんを探しています。(続きを読む)


先日こちらで「すきやばし次郎」についての質問がありました。知らなかったので検...
先日こちらで「すきやばし次郎」についての質問がありました。知らなかったので検索したところ、著作がヒットしました。本の販売ページのレビューのことなのですが、「寿司職人のくせに本なんか出すな」とか、「黙って寿司を握っていろ」というものがかなりありました。わたしは読んでいないのですが、この本は劣等感を串刺しにして黙っていられないようなことが書かれている本なのでしょうか。なぜわざわざ、こうした中傷目的のようなレビューを投稿したり、そのまま公開していたりしているのでしょうか。読んでわかる人の為に仕組まれた道化でしょうか?あるいは、下手な客がこないように自作自演でしょうか?http://chiebukuro.yahoo.co.jp/service/question_detail.php?queId=6871603(続きを読む)


とり貝とみる貝ってどう違う貝?。。。。。。。。。。。。。。。。
とり貝とみる貝ってどう違う貝?。。。。。。。。。。。。。。。。(続きを読む)



[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.11.23(Fri) 17:50] 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← イイ夫婦 | TOP | カイトウイング 購入

プロフィール

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。